松尾貴史さん緊急入院 肺塞栓症、主演舞台中止

松尾貴史さん
松尾貴史さん

俳優の松尾貴史さん(61)が肺塞栓症で緊急入院したことを、所属事務所が15日発表した。今月予定されていた主演舞台「鷗外の怪談」の長野、山形、滋賀各県での公演は中止となる。来年1月の公演は行う予定という。

肺塞栓症は、心臓から肺に血液を送る肺動脈に血栓が詰まる病気で、エコノミークラス症候群と呼ばれることもある。

「鷗外の怪談」は16日に長野、19日に山形、25日に滋賀で上演予定だった。