持病で禁止も2度人身事故 市職員を減給

鹿児島県姶良市は15日、持病を理由に禁止されていた公用車の運転をし、人身事故を2度起こしたとして、50代の男性職員を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。職員は「事故を起こさないと過信していた」と話している。

市によると、職員は令和2年5月に公用車を運転中、市内の建物に衝突し、自身と建物内にいた2人の計3人が負傷。3年3月にも追突事故を起こし相手の車の運転者が負傷した。2件とも摘発されたが、不起訴処分となった。

他にも2度ほど1人で運転したという。