フォト特集&動画

五輪、震災10年…今年を振り返る報道写真320点 東京・日本橋三越

東京パラリンピック車いすバスケ銀メダリストの鳥海連志さんが来場。カメラマンの要望で、自身が写った写真のバスケットゴールにシュートのポーズをした =15日午前、東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)
東京パラリンピック車いすバスケ銀メダリストの鳥海連志さんが来場。カメラマンの要望で、自身が写った写真のバスケットゴールにシュートのポーズをした =15日午前、東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)

ニュース写真で1年間を振り返る「2021年報道写真展」(東京写真記者協会主催)が15日、東京都中央区の日本橋三越本店で始まった。

昨年に続き、リサイクル木材を使用した通気性の良い展示壁を使用し、感染症対策が施されたなかでの開催となった。

開会式には、今年9月、パラリンピック車いすバスケで銀メダル獲得に貢献した鳥海連志選手(22歳・WOWOW所属)が来場。テープカット後、自らが写った写真にサインをした。カメラを構えて報道陣を撮影したり、シュートの構えをするなど、報道陣の要求にも笑顔で応えた。

2021報道写真展が15日開幕。密を避けるため、リサイクル木材を使用した通気性の良い展示壁を使用するなど、感染症対策が施された =東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)
2021報道写真展が15日開幕。密を避けるため、リサイクル木材を使用した通気性の良い展示壁を使用するなど、感染症対策が施された =東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)

写真展を見た鳥海さんは「東京パラのあと、カメラを買って趣味で写真を撮り始めた。一瞬を捉えるのは難しいが奥が深いと感じた。今後について「24年パリ大会に向け今月から始動した。東京大会で活躍したベテラン選手らが引退し、若手が中心となる。どれだけチームを引っ張れるかが不安だが、楽しみでもある。新しい時代がくるのかな」と意気込みも語った。

展示作品には、産経新聞社が受賞した「あの日からここまで」東日本大震災10年(国内企画部門賞)、「視線の先に」(国内スポーツ部門奨励賞)、「眞子さまご結婚 佳子さまと別れの抱擁」(特別賞)なども。

東京五輪、パラリンピックや東日本大震災から10年の特別展示や、コロナによる緊急事態宣言など今年の「一瞬」を切り取った報道写真約320点が展示されている。入場無料で24日まで。

2021報道写真展が15日開幕。手前の写真は産経新聞社が国内企画部門賞を受賞した「あの日からここまで 東日本大震災10年」 =東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)
2021報道写真展が15日開幕。手前の写真は産経新聞社が国内企画部門賞を受賞した「あの日からここまで 東日本大震災10年」 =東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)
日本橋三越本店で始まった「2021年報道写真展」=15日午前、東京都中央区
日本橋三越本店で始まった「2021年報道写真展」=15日午前、東京都中央区
「2021年報道写真展」の開会式で、テープカットする車いすバスケットボールの鳥海連志選手(右から3人目)ら =15日午前、東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)
「2021年報道写真展」の開会式で、テープカットする車いすバスケットボールの鳥海連志選手(右から3人目)ら =15日午前、東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)
東京パラリンピック車いすバスケ銀メダリストの鳥海連志さんが来場。カメラで報道陣を撮影した =15日午前、東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)
東京パラリンピック車いすバスケ銀メダリストの鳥海連志さんが来場。カメラで報道陣を撮影した =15日午前、東京都中央区の日本橋三越本店(鈴木健児撮影)