原子力空母事故に備え訓練 横須賀、放射性物質漏れを想定

日米合同防災訓練で、米原子力空母ロナルド・レーガン周辺を調べる横須賀海上保安部のボート=15日午前、神奈川県横須賀市の横須賀基地
日米合同防災訓練で、米原子力空母ロナルド・レーガン周辺を調べる横須賀海上保安部のボート=15日午前、神奈川県横須賀市の横須賀基地

神奈川県横須賀市や米海軍は15日、横須賀基地に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンから、微量の放射性物質を含む冷却水約300リットルが海中に漏れた事故を想定し、日米合同防災訓練を行った。

海上自衛隊や原子力規制庁、在日米大使館など計11機関から約140人が参加。上地克明市長が事故の連絡を受け、対策本部を市役所に設置、日米間の連絡手段などを確認した。

横須賀基地では、双方の担当者が横須賀海上保安部のボートに乗り込み、レーガン周辺で海水や海底の土を採取して汚染状況を調査した。

訓練は2007年から実施、今回が14回目となる。

日米合同防災訓練が行われた、米海軍横須賀基地に停泊する原子力空母ロナルド・レーガン=15日午前、神奈川県横須賀市
日米合同防災訓練が行われた、米海軍横須賀基地に停泊する原子力空母ロナルド・レーガン=15日午前、神奈川県横須賀市