磯崎氏「国の責任明らか」 改竄訴訟、賠償受け入れ

磯崎仁彦官房副長官(矢島康弘撮影)
磯崎仁彦官房副長官(矢島康弘撮影)

磯崎仁彦官房副長官は15日の記者会見で、財務省の文書改竄(かいざん)をめぐる訴訟で、国が賠償請求を受け入れたことに関し「近畿財務局の元職員、赤木俊夫さんがお亡くなりになったことは国の責任は明らかとの結論に至った」と説明した。

国の請求受け入れに関し、原告側は「国は隠したい事実があるのではないか」と批判している。磯崎氏は「首相の指示を踏まえ、裁判所の訴訟指揮に丁寧に対応してきた」と述べた。

同時に「赤木さんが亡くなったことは誠に悲しい話だ。謹んでご冥福をお祈り申し上げる」と語った。