東京五輪王者アクセルセンが1回戦敗退 世界バドミントン

男子シングルス1回戦でシンガポール選手(奥)に敗れたビクトル・アクセルセン=ウエルバ(共同)
男子シングルス1回戦でシンガポール選手(奥)に敗れたビクトル・アクセルセン=ウエルバ(共同)

バドミントンの世界選手権第2日は13日、スペインのウエルバで行われ、男子シングルス1回戦で東京五輪金メダリストのビクトル・アクセルセン(デンマーク)がロー・ケンユー(シンガポール)に1―2で敗れる波乱があった。

11月30日付の世界ランキングで、3年以上も1位を維持した桃田賢斗(NTT東日本)と入れ替わってトップに返り咲いたばかり。2017年大会の覇者は「思い通りのプレーができなかった。今日は自分の日ではなかったが(五輪を初制覇した)この1年には満足している」と話した。(共同)