水・空合体ドローン公開 KDDIが世界初

KDDIが公開した合体ドローン。空を飛び、水中も潜航できる=14日、横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」
KDDIが公開した合体ドローン。空を飛び、水中も潜航できる=14日、横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」

KDDIは14日、2つの機体を組み合わせて、空を飛び、水中も潜航できるようにした世界初の「合体ドローン」を報道陣に公開した。定置網や養殖場の状況把握といった水産業での利用や、洋上風力発電設備やダムの点検への活用を見込んでおり、令和4年の商用化を目指す。

合体ドローンは縦と横がそれぞれ約1・6メートルで、空中ドローンが機体下部のかごに水中ドローンを収める構造だ。目的地まで飛行して着水し、水中ドローンを切り離すと、水中で撮影した映像を遠隔地にリアルタイムで送ることができる。

この日、横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」で公開された合体ドローンは、上空をゆっくりと飛行し、スムーズに着水する様子を披露した。ただ、電池の交換作業の際に浸水し、不具合が発生したため、水中撮影の実演は取りやめた。