阪神佐藤輝、大幅増の4200万円で更改

秋季練習で汗を流す阪神の佐藤輝=11月11日、甲子園球場(水島啓輔撮影)
秋季練習で汗を流す阪神の佐藤輝=11月11日、甲子園球場(水島啓輔撮影)

阪神の佐藤輝明内野手(22)が14日、兵庫県西宮市の球団事務所で自身初の契約交渉に臨み、2600万円増の年俸4200万円で更改し「納得して一発でサインした。前半は打ってというところを評価していただいた」と語った。

昨秋のドラフト1位として大きな注目を集めたプロ1年目は開幕から先発起用され126試合に出場し、球団の新人で最多の24本塁打をマーク。5月は6本塁打、19打点の活躍でセ・リーグの月間MVPも獲得した。

だが、8月下旬以降、シーズン終盤まで大不振に悩んだ。「後半は打てなくなってしまった。それが今後の課題」と話し、「同じことをもう一回やらないように。経験を生かしてやっていくしかない」と来季のレベルアップを誓った。

また、同じ新人として10勝を挙げチームに貢献した伊藤将司投手(25)は3100万円増の4400万円、盗塁王のタイトルを獲得した中野拓夢内野手(25)は2900万円増の3700万円で更改した。(金額はいずれも推定)