大阪の警察車両襲撃「実行役」を再逮捕 公務執行妨害などの疑い

強奪した荷物を持って逃走する崔浩司容疑者=10月21日午後10時半ごろ、大阪市阿倍野区(大阪府警提供)
強奪した荷物を持って逃走する崔浩司容疑者=10月21日午後10時半ごろ、大阪市阿倍野区(大阪府警提供)

大阪市阿倍野区の路上で10月、大阪府警東成署が証拠品として運んでいた車両から荷物が強奪された事件で、府警捜査1課などは14日、器物損壊と公務執行妨害の疑いで、住所不定の無職、犬塚誠容疑者(43)=強盗や覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。容疑を黙秘している。

再逮捕容疑は10月21日午後、大阪市阿倍野区の天王寺バイパスで、強奪事件で現場に駆け付けた警察官の職務質問を回避するため乗用車を逆走させ、停車中の捜査車両に衝突させてバンパーなどを損壊。車を急発進させ、前方にいた警察官5人の職務を妨害したとしている。

強奪事件では犬塚容疑者を含む男4人が実行役として関与したとみられる。このうち府警は崔浩司容疑者(48)ら2人を強盗容疑で指名手配したほか、崔容疑者の逃走を手助けしたとして、組員の40代男を犯人隠避容疑で全国に指名手配して行方を追っている。

情報提供は東成署捜査第1課捜査本部(06・6974・1234)。