<独自>重要資源確保に900億円 4年度予算案

首相官邸=東京都千代田区
首相官邸=東京都千代田区

政府が月内に閣議決定する令和4年度予算案で、経済安全保障上の重要性が増すレアアースなどの重要資源確保のため約900億円を計上する方向で調整していることが14日、分かった。また、2050年までの国内の温室効果ガス排出量実質ゼロ(カーボンニュートラル)の実現に向け、グリーン成長を推進する費用として約4100億円を計上する。経済産業省が要求していた。

重要資源の確保では蓄電池や半導体に必要不可欠なレアアースの安定供給に向けた鉱物探査事業などを推進。石油天然ガス田の探鉱や資産買収などの支援(約513億円)も行う。

また、デジタルやグリーンなどの成長分野で先端技術を持つ外国企業を誘致したり、日本企業のサプライチェーン(供給網)を強靱(きょうじん)化したりするため、日本貿易振興機構(ジェトロ)の運営支援などに約350億円を盛り込む。

社会のデジタル化に不可欠な半導体産業の基盤強化を目的に、既に3年度補正予算案に約7740億円を計上したが、4年度予算案でも先端半導体の国内生産支援などに約150億円を充てる。

一方、グリーン成長については、電気自動車(EV)などクリーンエネルギー自動車の導入促進に向けた補助金に約155億円、水素ステーション整備の補助金に約110億円を計上。EV用の革新型蓄電池の技術開発に約24億円を盛り込む。また、原発の立地自治体向けの電源立地地域対策交付金に約755億円を充てる。

会員限定記事会員サービス詳細