韓国方針見極め必要と農水相 TPP加盟申請めぐり

金子原二郎農水相(日野稚子撮影)
金子原二郎農水相(日野稚子撮影)

金子原二郎農相は14日の閣議前の記者会見で、日本などが参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に韓国が加盟申請する方針を表明したことに関連し「TPPの高いレベルを完全に満たす用意ができているかどうかについて、まずしっかりと見極める必要がある」と指摘した。

TPP事務局の役割を担うニュージーランド政府への申請がされていないとして「政府として予断を持ってコメントすることは差し控えたい」と直接の言及や評価は避け、新規加盟に関心を示す国・地域への一般的な対応として述べた。

一方、英国政府が東京電力福島第1原発事故後の日本産食品に対する輸入規制撤廃に向けた国内手続きに入ったことは歓迎し「早期に輸入規制が撤廃され、英国向け輸出が拡大することを期待している」と述べた。