米長官、東南ア歴訪開始 インドネシア大統領と会談

インドネシアのジョコ大統領(左)と会談するブリンケン米国務長官=13日、ジャカルタ(インドネシア大統領府提供・共同)
インドネシアのジョコ大統領(左)と会談するブリンケン米国務長官=13日、ジャカルタ(インドネシア大統領府提供・共同)

ブリンケン米国務長官は13日、東南アジア3カ国の歴訪を開始、インドネシアの首都ジャカルタでジョコ大統領と会談した。ジョコ氏は「米国が経済分野のパートナーになることを望む」と述べ、経済協力の関係強化に意欲を示した。同席したルトノ外相が明らかにした。

ブリンケン氏は、インフラ投資や保健分野での協力を表明。来年、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の初の議長国を務めるインドネシアへの支持も示した。米国務省の発表によると、人権や民主主義を巡り対立する中国を念頭に、民主主義国家インドネシアによるインド太平洋地域での指導力への期待も伝えた。ジョコ氏は、新型コロナウイルス対応での米国からの支援に謝意を表明した。(共同)