自社株買いの指針設定も 首相、一律規制には慎重

衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=14日午後、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)
衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=14日午後、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は14日の衆院予算委員会で、企業が株価を引き上げるために行う自社株買いについて、ガイドライン(指針)を設ける可能性に言及した。一律の規制には慎重な考えを示した。

企業が稼いだ利益を使って自社株を買う行為は株主還元策として幅広く活用されている。ただ、資金が新規事業などに回らず、行き過ぎた還元策だとの批判もある。

こうした指摘について岸田氏は「新しい資本主義の実現に向けて重要なポイントだ」と強調。画一的な規制は「少し慎重に考えなければならない」とした上で、企業の個別の事情などに配慮した「ガイドラインとかは考えられないであろうかと思う」と述べた。立憲民主党の落合貴之氏への答弁。