首相「文通費満額支給、国民の疑問は当然」

衆院予算委員会で答弁に臨む岸田文雄首相=14日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)
衆院予算委員会で答弁に臨む岸田文雄首相=14日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は14日午前の衆院予算委員会で、国会議員に支給される月額100万円の文書通信交通滞在費(文通費)について「1日しか仕事をしていないのに満額支給されるのは、国民の感覚からして疑問に思うのは当然だ」と述べ、日割支給への変更に意欲を示した。

一方、野党側が求めている使途公開や国庫返納については「首相の立場から申し上げることは控える。真摯(しんし)な議論を通じて国民の疑問に答えることが重要だ」と述べるにとどめた。立憲民主党の逢坂誠二代表代行への答弁。