女子高生誘拐容疑で男女逮捕、死亡の経緯も捜査

現場周辺を調べる捜査員=13日午前、滋賀県守山市
現場周辺を調べる捜査員=13日午前、滋賀県守山市

未成年の女子高校生を自宅に連れ込んだとして、滋賀県警守山署などは12日、未成年者誘拐の疑いで、同県守山市勝部、無職、入江公史郎容疑者(38)と岐阜県関市池尻、無職、金城え夢(む)容疑者(21)を逮捕した。女子生徒は入江容疑者宅で死亡が確認され、県警が死因や経緯を捜査している。

逮捕容疑は共謀し、11日午後3時45分ごろ、京都市伏見区の女子生徒(19)が未成年であることを知りながら、携帯電話で「知り合いの男の家にいるけど来ないか」などと金城容疑者が誘い出し、京都市内で合流。同午後6時ごろ、入江容疑者のアパートに連れ込んだとしている。

県警によると、容疑について入江容疑者は「誘拐した覚えはない」と否認しているが、金城容疑者は認めている。両容疑者はSNS(会員制交流サイト)を通じて女子生徒と知り合ったとみられる。

12日午前11時ごろ、消防から「女性が心肺停止状態で倒れている」と110番があり、同署員がアパートへ駆けつけたところ、女子生徒が廊下で心肺停止状態で倒れていた。目立った外傷はなかったという。