「コロナで運動できずイライラ」屋上からブロック投下容疑、男逮捕

奈良県橿原市の7階建て商業施設の屋上からブロックを投げ落としたとして、奈良県警橿原署は13日、殺人未遂容疑で、大阪府八尾市青山町の無職、山本庸博容疑者(35)を逮捕した。

署によると、山本容疑者は「新型コロナウイルスの影響で運動ができずいらいらして落とした」と供述しているという。

逮捕容疑は、3日午前10時40分ごろ、商業施設の屋上からコンクリート製ブロックなど2個を落とし、通行人を殺害しようとしたとしている。

署によると、屋上部分は高さ約30メートルで、当時は、誰でも出入りできた。