ウクライナ侵攻なら独露輸送管停止を 米がロシアをけん制

ブリンケン米国務長官=12日、英国リバプール(AP)
ブリンケン米国務長官=12日、英国リバプール(AP)

ブリンケン米国務長官は12日のNBCテレビの番組で、ロシア産天然ガスをドイツに送る海底パイプライン「ノルドストリーム2」について、ロシアがウクライナに侵攻した場合「ガスが輸送されるとは考えにくい」と述べた。侵攻阻止のため、ドイツと協力してパイプラインの稼働停止をけん制材料としたい考えを示した。

ノルドストリーム2は9月に完成し、まだ稼働していない。ブリンケン氏は、ロシアのプーチン大統領について「ガスを通したがっている」と指摘した。

バイデン米政権は、ロシアがウクライナを侵攻すれば、制裁を念頭に「強力な経済措置」を欧州の同盟国とも連携して取ると警告している。

ノルドストリーム2を巡っては、米国の反対を押し切ってドイツがロシアと建設を推進してきた経緯があり、ドイツと一致した行動を取れるかどうかが焦点となる。(共同)