「小指の想い出」作曲家の鈴木淳さん死去

鈴木淳さん
鈴木淳さん

歌謡曲「小指の想い出」などで知られる作曲家の鈴木淳(すずき・じゅん、本名・藤田順二郎=ふじた・じゅんじろう)さんが9日、虚血性心不全のため死去した。87歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで行われた。喪主は妻、悠木圭子(ゆうき・けいこ)さん。

山口県出身。雑誌編集に携わった後、作曲家を志して退社。昭和42年に伊東ゆかりさんが歌った「小指の想い出」が大ヒット。小川知子さんの「初恋のひと」、八代亜紀さんの「なみだ恋」、ちあきなおみさんの「四つのお願い」などを手掛けた。平成12~16年、日本作曲家協会理事長を務めた。17年に旭日小綬章受章。

産経新聞の愛読者組織・ウェーブ産経の代表幹事も務めた。鈴木淳音楽事務所はこれまで、難病の子供を救う「明美ちゃん基金」に多額の寄託を行っている。