内閣官房参与辞任の石原伸晃氏、給与を辞退

石原伸晃氏
石原伸晃氏

松野博一官房長官は13日の記者会見で、自身が代表の自民党支部が雇用調整助成金を受け取っていたことへの批判を受け、10日に内閣官房参与を辞任した石原伸晃元自民党幹事長が、参与の給与を辞退したことを明らかにした。

政府は先の衆院選で落選した石原氏を3日、観光立国担当の内閣官房参与に起用。松野氏によると、参与の給与は1日当たり2万6400円で、石原氏は辞任まで4日出勤したが、給与は受け取らず、辞退の連絡があったという。

石原氏は代表を務める自民党東京都第8選挙区支部が昨年、新型コロナウイルス対策の雇用調整助成金を受け取っていたことが参与就任直後に判明、批判を受けて10日に辞任した。