中国センスタイムが米制裁受け香港上場延期

センスタイムのロゴ(共同)
センスタイムのロゴ(共同)

【北京=三塚聖平】中国の画像認識技術大手「商湯集団(センスタイム)」は13日、17日に予定していた香港証券取引所への株式上場を延期すると発表した。バイデン米政権が中国の人権問題をめぐって同社を制裁対象に指定しており、「投資家の利益を守るため」に上場延期を決めたと説明している。

米財務省は10日、センスタイムが「イスラム教少数民族ウイグル族を重点に、対象の民族性を特定できる顔認識技術」を開発したと指摘。今回の措置を受け、センスタイムへの投資は制限される。同社は11日に発表した声明で「決定は、少しも根拠がなく、当社に対する根本的な誤解を反映している」と反発していたが、投資家への影響を慎重に判断したとみられる。

センスタイムは、ソフトバンクグループ(SBG)も出資するなど日本企業との関係もある。