女子フルーレで初の準優勝 フェンシングW杯団体

フェンシング・女子フルーレのW杯団体決勝でイタリア選手(左)と戦う上野=サンモル(日本フェンシング協会提供)
フェンシング・女子フルーレのW杯団体決勝でイタリア選手(左)と戦う上野=サンモル(日本フェンシング協会提供)

フェンシング女子フルーレのワールドカップ(W杯)は12日、フランスのサンモルで団体が行われ、東晟良(日体大)、上野優佳(中大)の東京五輪代表と菊池小巻(セガサミー)、宮脇花綸(マイナビ)で臨んだ日本は、決勝でイタリアに40―43で屈し準優勝だった。日本協会によると、W杯の同種目で最高成績。上野は「チーム全体がまとまって戦った結果、準優勝することができてうれしい。次こそは金メダルを獲得したい」と手応えを口にした。

フェンシング・女子フルーレのW杯団体で初の準優勝となった(左から)上野、宮脇、東、菊池=サンモル(日本フェンシング協会提供)
フェンシング・女子フルーレのW杯団体で初の準優勝となった(左から)上野、宮脇、東、菊池=サンモル(日本フェンシング協会提供)

東京五輪で6位だった日本はスペイン、米国に続けて快勝。準決勝では同五輪でROCとして金メダルを獲得したロシアを31―26で破った。(共同)