日韓外相が立ち話も平行線 G7夕食会

最終日のG7外相会合に臨む林芳正外相=12日、英国リバプール(ロイター)
最終日のG7外相会合に臨む林芳正外相=12日、英国リバプール(ロイター)

先進7カ国(G7)外相会合出席のため英中部リバプールを訪問中の林芳正外相は11日(日本時間12日)、韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外相と短時間の立ち話を行った。林氏は、いわゆる徴用工訴訟や慰安婦問題など日韓両国間の懸案について適切な対応を強く求めた。鄭氏は韓国側の立場を主張し、平行線だった。

鄭氏はG7外相会合の拡大会合に招待された。立ち話は夕食会の席上で行われた。事前の予定はなく、韓国側から声をかけてきたという。

両外相は北朝鮮への対応に関し、日韓、日米韓の協力の重要性について改めて確認した。

両外相の立ち話について韓国外務省は12日、「自然に遭遇し友好的な雰囲気の中、歓談した」と説明した。鄭氏は「慰安婦問題など歴史問題での韓国政府の立場を明確に伝えた上で、その他に協力する分野が多いため、対話を通じて解決していくべきだ」と強調したという。