北日本と北陸、猛吹雪に警戒 冬型の気圧配置続く

12月12日午後11時現在の気象衛星ひまわりの雲画像
12月12日午後11時現在の気象衛星ひまわりの雲画像

気象庁は13日、冬型の気圧配置が強まる影響で、北日本(北海道、東北)と北陸では雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけになる恐れがあるとし、引き続き猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、オホーツク海にある前線を伴った低気圧が、発達しながら千島近海に達する見込み。また、北日本の上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込むという。

13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道25メートル(35メートル)、東北、北陸20メートル(30メートル)で、波の高さは北海道、東北、北陸で6メートルを見込んでいる。