公明、参院福岡に秋野氏擁立 候補差し替え

記者会見で参院選福岡選挙区への出馬を表明する公明党の秋野公造参院議員(右)=13日、福岡県庁
記者会見で参院選福岡選挙区への出馬を表明する公明党の秋野公造参院議員(右)=13日、福岡県庁

公明党は13日、来年夏の参院選福岡選挙区(改選数3)に現職の秋野公造元環境政務官(54)=比例代表=を擁立すると発表した。同選挙区の現職、高瀬弘美氏が、体調不良で出馬を辞退したため、候補を差し替えた。

秋野氏は参院比例代表選出の当選2回。参院総務、法務両委員長などを歴任し、現在は党九州方面本部長代行などを務めている。北九州市在住。

高瀬氏は平成28年の参院選で福岡選挙区から出馬して初当選した。木庭健太郎党九州方面本部長によると、高瀬氏は昨年秋頃から体調を崩し、2期目を目指していたが、今月初めに不出馬の申し出があった。