ワクチンパスポートアプリを公開 政府

新型コロナウイルスワクチン接種の電子証明書アプリのアイコン
新型コロナウイルスワクチン接種の電子証明書アプリのアイコン

政府は13日、新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」について、スマートフォン上で表示するための電子交付アプリを公開した。20日からダウンロードでき、大半の自治体で電子発行が可能になるという。氏名や生年月日、接種記録などが表示され、緊急事態宣言が出ても行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」や海外渡航手続きでの使用を想定している。

アプリの正式名称は「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」で、スマホの画面上のアイコンには「接種証明書」と表示される。ワクチン接種記録システム(VRS)に登録された個人の接種歴をオンラインで参照し、自動表示する。アプリを利用するには、マイナンバーカードと、カードのICチップ読取機能が必要になる。

アプリを起動し、接種券の発行を受けた自治体などを選択。マイナンバーカードを読み取って、4けたの暗証番号を入力する。海外渡航時にも利用できる証明書を発行する場合はパスポートの本人確認のページをカメラで読み取る。

氏名や生年月日、ワクチンの接種回数や種類とそれらの情報を含んだQRコードが発行される。有効期限はなく証明書はアプリ内に保存されるため、追加の接種を受けるまで申請しなおさなくてもいい。

VRSに登録された接種歴の参照に同意していない市区町村の居住者は取得できない。取得可能な市区町村のリストは20日以降、デジタル庁ホームページで公開する。

証明書の画面を目視したり、QRコードを読み取ったりと接種情報を確認する方法は活用する民間事業者が定める。政府は証明書を提示すれば割引やおまけなどのサービスが受けられる使われ方を想定している。

VRSを手がけたスタートアップのミラボ(東京都千代田区)が開発し、運用する。開発・運用費用は1億1千万円という。(高木克聡)