首相、10万円一括給付「柔軟な制度設計努めた結果」

自民党役員会に臨む岸田文雄首相=13日午後、国会内(矢島康弘撮影)
自民党役員会に臨む岸田文雄首相=13日午後、国会内(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は13日、18歳以下への10万円相当給付をめぐり、年内一括給付を容認する方針を示したことについて「丁寧に地方の声を聞き、国会の議論をしっかりと受け止め、柔軟な制度設計に努めた結果だ。選択肢をいろいろと用意した」と述べた。官邸で記者団の取材に答えた。