旗手がセルティック移籍へ J1川崎の東京五輪代表

【サッカー天皇杯準決勝 川崎対大分】後半、パスを出す川崎・旗手(中央)=12日、等々力
【サッカー天皇杯準決勝 川崎対大分】後半、パスを出す川崎・旗手(中央)=12日、等々力

J1川崎のMF旗手怜央(24)がスコットランド・プレミアリーグのセルティックへ移籍することが12日、明らかになった。関係者によるとクラブ間で大筋合意に達した。川崎が、横浜FCからMF瀬古樹(23)を獲得することも分かった。

三重県出身の旗手は順大から昨季川崎に入団。豊富な運動量と高い技術で多くのポジションをこなし、今夏の東京五輪に出場した。J1での2連覇に貢献した今季はベストイレブンにも選ばれた。今季途中まで横浜Mを指揮したポステコグルー監督が率いるセルティックには、神戸から加入したFW古橋亨梧がいる。

瀬古は明大から横浜FC入りした技巧派の守備的MFで、今季J1では33試合出場1得点。