漫画家の古谷三敏さん死去 「ダメおやじ」大ヒット

漫画家の古谷三敏氏(松本健吾撮影)
漫画家の古谷三敏氏(松本健吾撮影)

「ダメおやじ」や「BARレモン・ハート」で知られる漫画家の古谷三敏(ふるや・みつとし)さんが8日、がんのため死去した。85歳。旧満州(現中国東北部)・奉天(現瀋陽)生まれ。葬儀は親族で行った。

昭和30年にデビュー。手塚治虫さんや赤塚不二夫さんのアシスタントを務めた。45年から57年まで週刊少年サンデーで連載した自作のギャグ漫画「ダメおやじ」が大ヒット。出世や能率とは無縁でも自分なりに生き抜こうとするおやじの姿は、父親の権威が失墜しつつあった時代の空気を背景として、サラリーマンらから社会的な共感を集めた。

49年の独立後も「減点パパ」などヒットを連発。60年から、豊富な酒の知識を生かした「BARレモン・ハート」を連載していた。

54年に「ダメおやじ」で小学館漫画賞を受賞。