東証、一時300円超高 米株上昇が追い風

東京証券取引所
東京証券取引所

週明け13日午前の東京株式市場の日経平均株価は大幅反発した。前週末の米株高が追い風となり、買い注文が先行した。上げ幅は一時300円を超えた。

午前終値は前週末終値比258円91銭高の2万8696円68銭。東証株価指数(TOPIX)は7・35ポイント高の1982・83。

前週末発表の米消費者物価指数の上昇率は、市場予想の範囲内だった。投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が値上がりした。その流れを受けて、東京市場でも買いが広がった。

取引開始前に発表された12月の日銀短観で、大企業非製造業の業況判断指数が市場予想を上回って改善したことも好材料だった。