障害の10歳娘殺害、父親認める 奈良地裁で初公判

奈良地裁=奈良市
奈良地裁=奈良市

奈良県川上村のダム湖で今年2月、同県立明日香養護学校4年の徳谷奈那子さん=当時(10)=を殺害したとして、殺人罪に問われた父親の徳谷和彦被告(37)=同県宇陀市=の裁判員裁判の初公判が13日、奈良地裁(岩崎邦生(くにたか)裁判長)で開かれた。徳谷被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

検察側は冒頭陳述で「被告は父親が経営する飲食店で働いていたが、犯行の半年前から、父親との関係や将来への不安などから自殺を考えていた」と指摘。「前日父親と口論となったことから、無理心中することを決意した。抵抗できない被害者を殺害し、身勝手で短絡的だ」と非難した。

一方、弁護側は「長女の障害を自分の責任と感じ、妻に介護の負担をかけていると感じていた。父親に叱責され将来を悲観し、妻の負担も軽くなると考え、一緒に自殺しようとした」などと主張した。

起訴状によると、徳谷被告は2月12日夜、同県川上村の湖に奈那子さんを両手で抱きかかえて入水し、窒息死させたとしている。

奈那子さんには身体障害と知的障害があった。