トラス英外相「中国の威圧的な経済政策に懸念」で一致 G7外相会合議長

12日、英リバプールで、G7外相会合に出席するトラス英外相(左)とブリンケン米国務長官(右から2人目)(AP=共同)
12日、英リバプールで、G7外相会合に出席するトラス英外相(左)とブリンケン米国務長官(右から2人目)(AP=共同)

【ロンドン=板東和正】英中部リバプールで開催されている先進7カ国(G7)外相会合で、議長のトラス英外相は12日、記者会見し、G7が「中国の威圧的な経済政策」を懸念しているとの認識で一致したと明らかにした。ロイター通信などが報じた。

ロイターなどによると、トラス氏は「われわれは(外相会合で)、中国の威圧的な経済政策を懸念していることを明確にした」と表明。「われわれがしたいことは、自由を愛する民主主義国での投資や経済貿易を進めることだ」と述べた。

また、トラス氏は、外相会合が「ロシアがウクライナに侵攻すれば極めて重い結果を招き、厳しい代償を払うことになる」との認識でも一致したと明らかにした。