仏領ニューカレドニア 独立否決 独立派がボイコット 大統領、「フランスに留まる」と結果を正当化

12日、ニューカレドニア・ヌメアで住民投票の列に並ぶ市民ら(共同)
12日、ニューカレドニア・ヌメアで住民投票の列に並ぶ市民ら(共同)

【パリ=三井美奈】南太平洋にあるフランスの海外領土ニューカレドニアで12日、独立の是非を問う住民投票が行われ、96・5%の反対で独立は否決された。独立派が投票延期を求めてボイコットした結果だが、マクロン大統領はテレビ演説で「ニューカレドニアはフランスに留まる」と述べ、結果を正当化した。

ニューカレドニアは世界屈指のニッケル産出国。経済進出を続ける中国が、ニューカレドニアの独立支持派に急接近しており、フランス国内で投票結果に警戒感が強まっていた。独立派は新型コロナウイルス犠牲者への服喪期間だとして不参加を呼びかけ、投票率は44%にとどまった。

マクロン氏は演説で、住民投票は政府協定に基づく合法的な結果だと主張。今後は、ニューカレドニアの医療や経済の改善に取り組むと訴えた。中国の台頭を念頭に、「インド太平洋で緊張が高まる中、ニューカレドニアの新たな地位を構築する」とも述べた。

ニューカレドニアは19世紀にフランスに併合され、現在は人口約27万人。先住民の独立要求を受けて、98年の政府協定で、独立を問う住民投票を3度実施することが決まった。18年の第1回投票で独立支持は43%、昨年の第2回投票では47%で、いずれも否決された。