書評

『7.5グラムの奇跡』砥上裕將著 「眼」めぐり息を吞む展開

7.5グラムの奇跡
7.5グラムの奇跡

小学生の頃からの習慣か、相手の目をまっすぐ見て話すようにしている。が、本書の主人公のように、相手の瞳の中をのぞきこんだことはない。自分の瞳すらあまりよく知らないことに気付き、読後、手鏡でまじまじと見つめてみた。職業柄、ついでに解剖図鑑もめくった。突然、「眼」に興味を抱いた。

主人公は医療系の国家資格の「視能訓練士」。眼科医療に関わる専門的な機器を使いこなし、医師の指示のもと視機能(ものを見る機能)に関する検査や訓練を担当する。主人公は新人で、眼科医院に勤め始めたばかり。失敗するたびに、憧れの先輩に叱られる。章が進むごとに、患者とやりとりしながら主人公が成長していく姿を追うとともに、読み手にも眼に関する知識や情報が蓄積される。

例えば、「緑内障」は眼から脳に視覚情報を伝える視神経が死滅する病気で、治療を受けないと徐々に視野が欠けて失明する。だが、かなり病気が進行するまで両眼で補い合って見るため患者が病識に乏しいこともある。本書には検査や目薬の治療を軽視していた患者が、ある出来事をきっかけに視野の欠損に気付く場面が描写されている。その疑似体験に息を吞(の)まされ、思わず誰かに伝えたくなる。

いつのまにか、主人公と同じ場所に立ち、同じ像を見ている感覚を味わった。これは水墨画家でもある著者の描写があまりにも繊細だから、だけではない。思いがけない展開と心温まる場面が多く、早く次へ読み進めたい衝動に駆られるからだろう。作中の「人生というのは本質的に手作りです。自分の手と心で作っていくものです」の一文は、著者の人生観と重なるのではないか。視野の中にあるもの一つ一つを丁寧にじっくりと見つめて、心の中で輪郭を描き、手で一気に紙に筆を滑らす。カバー下の表紙の水墨画を何度も眺めて、会ったこともない著者について思いを巡らす。

近年、病院の医師や看護師以外の医療従事者を主人公にした漫画やドラマが増えている。医療の記事の中にとても大切なことを書いても、なかなか、自分ごととして読んでもらえない。そんな私の小さな悩みを、これらの作品に吹き飛ばしてもらいたい。

評・福原麻希(医療ジャーナリスト)

会員限定記事会員サービス詳細