13代目名人は東京の会社員 大阪で社会人落語大会

「第13回社会人落語日本一決定戦」で優勝し、13代目名人に決まった麴家と太郎さん=12日午後、大阪府池田市
「第13回社会人落語日本一決定戦」で優勝し、13代目名人に決まった麴家と太郎さん=12日午後、大阪府池田市

全国のアマチュア落語家が腕を競う「第13回社会人落語日本一決定戦」の決勝戦が12日、大阪府池田市で開かれ、東京都杉並区の会社員、麴家と太郎(本名松林太郎)さん(33)が優勝し、13代目名人に決まった。

麴家さんはIT企業のエンジニアで2017年から落語を学ぶ。上司と部下がパ行でしか話せないなどの呪いをかけられる創作「悪魔のぱぴぷぺぽ」で観客を笑わせた。

「第13回社会人落語日本一決定戦」で2位となった金木亭犀斗さん=12日午後、大阪府池田市
「第13回社会人落語日本一決定戦」で2位となった金木亭犀斗さん=12日午後、大阪府池田市

2位は古典作品をアレンジした「大安売り 九州場所」を演じた福岡県新宮町の作業療法士、金木亭犀斗(本名山下勝大)さん(34)。3位は、桂文枝さん作の「赤とんぼ」に創意工夫を加えた兵庫県宝塚市の学童保育補助支援員、天神亭珠緒(本名桐畑珠里)さん(56)。

大会統括の文枝さんは「出場者は仕事を持ちながら落語を勉強した成果が出ていた」と話した。

「第13回社会人落語日本一決定戦」で3位となった天神亭珠緒さん=12日午前、大阪府池田市
「第13回社会人落語日本一決定戦」で3位となった天神亭珠緒さん=12日午前、大阪府池田市
「第13回社会人落語日本一決定戦」で優勝し、桂文枝さん(右)と記念写真に納まる麴家と太郎さん=12日午後、大阪府池田市
「第13回社会人落語日本一決定戦」で優勝し、桂文枝さん(右)と記念写真に納まる麴家と太郎さん=12日午後、大阪府池田市