宮城の養豚場で豚熱 2農場1万2千頭殺処分へ

養豚場での豚熱感染確認を受けて開かれた宮城県の対策会議=12日午後、県庁
養豚場での豚熱感染確認を受けて開かれた宮城県の対策会議=12日午後、県庁

宮城県は12日、大河原町の養豚場で豚熱(CSF)の感染が確認されたと発表した。隣接する白石市の系列農場と合わせて、飼育する約1万1900頭を殺処分する。

金子原二郎農相は同日、農林水産省での豚熱発生に関する防疫対策本部の会合で「防疫措置を迅速かつ適切に完了するよう万全を期していきたい」と述べた。

宮城県内の養豚場ではワクチン接種が済んでいることから、県は移動制限や搬出制限の防疫措置は取らない方針。

県によると、大河原町の養豚場から11日に「飼っている豚に異常がある」と連絡があった。