稲見、西郷らの女子が連覇 ゴルフ3ツアーズ

【ゴルフ 日立3ツアーズ選手権】優勝し記念撮影におさまるJLPGAチーム (前列左から)勝みなみ、西郷真央、稲見萌寧、西村優菜 (後列左から)小祝さくら、原英莉花、菊地絵理香=千葉県成田市の大栄カントリー倶楽部(戸加里真司撮影)
【ゴルフ 日立3ツアーズ選手権】優勝し記念撮影におさまるJLPGAチーム (前列左から)勝みなみ、西郷真央、稲見萌寧、西村優菜 (後列左から)小祝さくら、原英莉花、菊地絵理香=千葉県成田市の大栄カントリー倶楽部(戸加里真司撮影)

国内プロゴルフの男子、女子、シニア各ツアーの賞金ランキング上位選手らによる7人制の団体対抗戦、日立3ツアーズ選手権は12日、千葉県の大栄CCの9ホール(男子3714ヤード、シニア3465ヤード、女子3214ヤード、パー37)で行われ、稲見萌寧、小祝さくら、西村優菜、西郷真央、勝みなみ、菊地絵理香、原英莉花の女子が2大会連続6度目の優勝で賞金3千万円を獲得した。最優秀選手は西郷。

金谷拓実、星野陸也らの男子が2位、伊沢利光、篠崎紀夫らのシニアが3位だった。新型コロナウイルスの影響で、2年ぶりの開催となった。