五輪金の喜友名が10連覇 全日本空手、大野はV2

男子形で優勝した喜友名諒の演武=日本武道館
男子形で優勝した喜友名諒の演武=日本武道館

空手の全日本選手権最終日は12日、東京・日本武道館で行われ、男子形は東京五輪金メダルの喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が優勝した。10年連続10度目で、史上最多だった自身の連覇記録、優勝回数をいずれも更新。女子形は大野ひかる(大分市消防局)が2連覇した。五輪銀メダルの清水希容(ミキハウス)は出場しなかった。

体重無差別の個人組手の男子は崎山優成(近大工学部)が2年連続2度目の優勝を果たし、女子は斉藤綾夏(AGP)が2年ぶり2度目の頂点に立った。