涙こらえ…渋野、危機感あらわ 米女子ゴルフ最終予選会

第7ラウンド、18番をダブルボギーで終え、ホールアウトする渋野日向子。通算7アンダーで29位=ハイランドオークスGC(共同)
第7ラウンド、18番をダブルボギーで終え、ホールアウトする渋野日向子。通算7アンダーで29位=ハイランドオークスGC(共同)

米女子ゴルフツアーの最終予選会は11日、第7ラウンドが行われ、渋野はこの日ワーストのスコアで順位を大きく落とした。18番で2つ目のダブルボギーをたたくと涙をこらえながら練習場へ。珍しく取材に応じず、危機感をあらわにした。

前週の第3ラウンドから前日まで60台のスコアを重ねていたが、別人のように乱れた。ティーショットが荒れ、パットは距離感が合わない。3番のダブルボギーなど序盤4ホールで4つ落とすと、強い風の中で立て直すことができず、バーディーは13番だけだった。

来季多くの大会に出られるのは20位前後までとみられている。最終ラウンドを残して18位とは3打差、〝圏外〟の49位とは4打差の微妙な位置となった。(共同)