養鶏場で鳥インフル疑い 青森・三戸

青森県は11日、同県三戸町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる事例が確認されたと発表した。

県によると、この養鶏場では約7千羽を飼育。11日に「死亡鶏が増加した」と連絡があり、簡易検査の結果、10羽が陽性だった。遺伝子検査で陽性が確定すれば殺処分する。