拉致家族会代表交代へ めぐみさん弟の拓也さん就任

デンマークのコフォズ外相(中央左)と面会した横田めぐみさんの母、早紀江さん(中央右)と弟、拓也さん(右から2人目)ら。左端は飯塚耕一郎さん、右端は「救う会」の西岡力会長=11月24日、東京都内(内閣官房拉致問題対策本部事務局提供) 目)
デンマークのコフォズ外相(中央左)と面会した横田めぐみさんの母、早紀江さん(中央右)と弟、拓也さん(右から2人目)ら。左端は飯塚耕一郎さん、右端は「救う会」の西岡力会長=11月24日、東京都内(内閣官房拉致問題対策本部事務局提供) 目)

北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さん(66)=拉致当時(22)=の兄で、拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(83)が体調不良のため、代表を退く意向であることが11日、分かった。同日の家族会臨時総会で、横田めぐみさん(57)=同(13)=の弟で同会事務局長の拓也さん(53)が新代表に就く人事が承認される見通し。

初代代表は、昨年亡くなった、めぐみさん、拓也さんの父の滋さんで、繁雄さんに続き拓也さんが3代目となる。

田口さんの長男で、事務局次長の飯塚耕一郎さん(44)が、次の事務局長を担うとみられる。

家族会は平成9年3月に発足。初代代表に滋さんが就いた。滋さんの体調不良により19年11月に繁雄さんと交代したが、繁雄さんは近年、入退院を繰り返すなど体調が思わしくなく、関連行事を途中退席することも多くなっていた。

>拉致家族会代表 飯塚繁雄さんから横田拓也さんに 新人事承認