ブレーブス各選手に4500万円 ポストシーズンの分配金

米大リーグで今季のワールドシリーズ(WS)を制したブレーブスのポストシーズンの分配金は、過去3番目に多い選手1人当たり約39万7000ドル(約4500万円)になったと10日、AP通信が報じた。

WSで敗れたアストロズは約25万8000ドル(約2900万円)。リーグ優勝決定シリーズで敗退した沢村が所属するレッドソックスは約13万8000ドル(約1560万円)だった。

分配金はポストシーズンに出場した全10球団が対象で、収益の一部が選手らに還元される。合計9047万ドル(約102億5000万円)は最高額となった。(共同)