速報

速報

共通テスト不正 受験生出頭

世田谷一家殺害 未解決のまま21年 「情報が解決の糸口に」

世田谷一家殺害事件の発生から21年となるのを前に、情報提供を求めるチラシを配る警視庁成城署の早川直敬署長=11日午前、小田急線成城学園前駅
世田谷一家殺害事件の発生から21年となるのを前に、情報提供を求めるチラシを配る警視庁成城署の早川直敬署長=11日午前、小田急線成城学園前駅

東京都世田谷区で平成12年12月、会社員の宮沢みきおさん=当時(44)=ら一家4人が殺害された事件からまもなく21年となるのを前に、警視庁成城署は11日、現場近くの小田急線成城学園前駅などで、駅の利用客らに事件に関するチラシとマスクを配布し、情報提供を呼びかけた。

チラシには、遺留品から推定される犯人の服装などを掲載した。署員ら35人が駅頭に立ったほか、警察犬2頭も出動し、呼びかけに一役買っていた。

早川直敬署長は「遺族や地域住民にとって決して忘れられない事件。少しでも多くの情報が寄せられれば、解決の糸口につながる」と話した。

事件は12年12月31日に発覚。宮沢さんと妻の泰子さん=当時(41)、長女のにいなちゃん=同(8)、長男の礼ちゃん=同(6)=が殺害された。

情報提供は成城署捜査本部(03・3482・3829)まで。