小平2位 スピードW杯女子500メートル

女子500メートル2位の小平奈緒=カルガリー(カナディアンプレス提供・AP=共同)
女子500メートル2位の小平奈緒=カルガリー(カナディアンプレス提供・AP=共同)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦は10日、カルガリーで開幕し、女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が36秒81で2位となった。オリガ・ファトクリナ(ロシア)が36秒72で優勝。

男子500メートルは村上右磨(高堂建設)が日本勢3人目の33秒台となる33秒89をマークして3位。森重航(専大)は34秒09の6位、新浜立也(高崎健康福祉大職)は9位、松井大和(シリウス)は13位だった。ローラン・デュブルイユ(カナダ)が33秒77で制した。(共同)