NY株反発216ドル高 物価上昇想定内で買い

10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比216・30ドル高の3万5970・99ドルで取引を終えた。朝方発表された11月の米消費者物価指数の上昇率は市場予想の範囲内で、インフレ懸念は強まらなかった。投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、買い注文が優勢となった。

幅広い銘柄のSP500種株価指数も反発し、44・57ポイント高の4712・02と過去最高値を更新した。ハイテク株主体のナスダック総合指数は113・23ポイント高の1万5630・60。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締め前倒しへの警戒感が後退し、米長期金利が低下したのを背景にIT関連銘柄が買われたのも相場を押し上げた。

個別銘柄では、通信機器のシスコシステムズやITのマイクロソフトの上昇が目立った。金融のゴールドマン・サックスは売られた。(共同)