返礼品の牛肉1万5千件送れず ふるさと納税増で 、宮崎

ふるさと納税の返礼品を送れなくなったことについて謝罪する宮崎県都農町の河野正和町長(右から2人目)=10日午後、都農町役場
ふるさと納税の返礼品を送れなくなったことについて謝罪する宮崎県都農町の河野正和町長(右から2人目)=10日午後、都農町役場

宮崎県都農町は10日、ふるさと納税1万5216件の寄付者に返礼品の牛肉が送れなくなったと発表した。寄付増加で、町内の委託業者が対応しきれなくなったことが要因。寄付者には今後、返金か別の返礼品送付を選択してもらう方針。

対象の返礼品は、寄付額1万円で受け取れる宮崎牛の赤身肉切り落とし計1・5キロ以上。9月に1日で寄付が1万件を超える日があり、業者による発送が困難になった。

町は約3万4千件分を引き継いだが、原料価格が高騰。「調達費用は寄付額の3割以下」という地方税法の規定に違反する状態となり、今月5日に代替品の配送を停止。1万5216件分が送れなかった。

河野正和町長は記者会見で「全国上位で範を示さないといけないが、このようなことになりおわびしたい」と述べた。