三重の父子死亡、無理心中疑いで父を書類送検

三重県四日市市の住宅で8月に父子の遺体が見つかった事件で、三重県警四日市南署は10日、長男=当時(12)=を殺害したとして殺人の疑いで会社員の父親=同(54)=を容疑者死亡のまま書類送検した。同署は無理心中を図ったとみている。

書類送検容疑は8月15日夜、自宅の寝室で長男の首を絞めて殺害した疑い。同署によると、父親はロープで首をつった状態で発見された。遺書は見つかっていない。