千葉県、ワクチン2回接種で飲食店での人数制限緩和

「ワクチン・検査パッケージ」の登録店で掲示されるステッカー(千葉県提供)
「ワクチン・検査パッケージ」の登録店で掲示されるステッカー(千葉県提供)

千葉県は、新型コロナウイルス対策と経済の両立を目指し、ワクチンを2回接種済みであれば緊急事態宣言下でも行動制限を緩和する、飲食店などを対象とした「ワクチン・検査パッケージ」の登録を13日午前9時から受け付けると発表した。登録店にはステッカーが交付され、感染状況の悪化などで行動制限が課せられた場合に掲示される。

一定の感染防止基準を満たした県独自の「認証店」や「確認店」が主な対象。県内の認証店は79軒、確認店は約2万5千軒に上る。

登録店での行動制限の緩和は、2回目のワクチン接種から14日以上が経過するか、3日以内に検体を採取したPCR検査や前日か当日の抗原検査で陰性が確認されることが条件。

条件を満たした利用者は、感染状況の悪化に伴う緊急事態宣言や蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用下でも、飲食店での人数制限が緩和され、同一グループ又は同一テーブルで5人以上の会食が可能となる。