米消費者物価39年ぶり伸び 11月、6・8%上昇 金融緩和の縮小加速も

米労働省の看板(AP)
米労働省の看板(AP)

米労働省が10日発表した11月の消費者物価指数は前年同月に比べて6・8%上がり、上昇率は前月(6・2%)から拡大した。1982年6月以来、39年5カ月ぶりの大きさになった。新型コロナウイルス禍からの需要回復に対し、供給面での制約が続き、物価の高い伸びが一層鮮明化した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は高インフレに警戒感を強めている。物価上昇が米経済の足かせとなっており、FRBは今月14~15日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で、米国債などを購入してきた量的金融緩和策の縮小ペースの加速を検討する。(共同)