賽銭盗疑い、巡査部長を書類送検 「たばこ買う金に」

三重県警は10日、神社の賽銭(さいせん)箱から現金約200円を盗んだなどとして、窃盗とピッキング防止法違反(特殊開錠用具所持)の疑いで、名張署の男性巡査部長(42)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。「たばこやコーヒーを買う金が欲しかった」と容疑を認めているという。

書類送検容疑は3月1日の勤務後、同県菰野町の神社で賽銭箱の鍵をドライバーで開け、約200円を盗んだとしている。また、11月7日に津市内で特殊開錠用具を所持したとしている。県警は、特殊開錠用具は犯罪には使われていないとしている。

県警によると、同じ神社で1~2月にも計2回、賽銭計約1800円を盗んだと供述している。防犯カメラの映像から巡査部長が浮上し、3月の容疑での書類送検につながった。