参院、歳費3億4千万円自主返納 定数6増に対応

参院は10日、参院議員による歳費の自主返納状況を公表した。令和元年8月分から今年11月分までの累計で3億4565万円。定数6増に伴う経費増額を圧縮する目的で4年7月末まで実施。経過を定期的に発表している。

個別議員や各会派の返納状況は公表していない。1人当たり月7万7千円が目安で、現定数245人のうち160人程度が返納したとみられる。